« 働き方を変えていく必要があるかもしれない | トップページ | apt用キャッシュプロキシの構築 〜 apt-cacher-ng »

2020年4月20日 (月)

apt-cacher-ng:仮想環境にてホストOS自身もキャッシュを利用する

apt用キャッシュプロキシの構築 〜 apt-cacher-ng」の兄弟記事です。

前ページの設定で終わらせた場合、仮想環境におけるホストOS自身はプロキシを利用せず直にパッケージを取りにいってしまいます。

 Apxy_003r3

これだとちょっともったいない。せっかくなので、自身のプロキシサーバからダウンロードするようにしたい。

 

Apxy_003r2

ということで、以下設定。

やることは単純。ホストにて「/etc/apt/apt.conf.d/02proxy」を作成すれば良いです。
(上図の場合、192.168.1.5)

上記のファイルに以下の一行を記述。

Acquire::http::Proxy "http://localhost:3142";

やってることは前ページと変わりません。

あとは「# apt update」しておけば作業終了。

以後、ホストOSのdebパッケージのインストールはapt-cacher-ngを経由して行われるかと思います。(終)

 

 

 

〔関連ページ〕
 ・apt-cacher-ng:使用できないプロキシは無視したい  

 

 

 

 

 

 

« 働き方を変えていく必要があるかもしれない | トップページ | apt用キャッシュプロキシの構築 〜 apt-cacher-ng »

サーバ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ