« 黄金比と正二十面体 | トップページ | LinuxPC & Android端末でティザリング(3)〜 Bluetooth接続編 »

2018年12月10日 (月)

MSEdge 〜 EdgeHTMLからBlinkへ

EdgeブラウザがついにChromiumを採用へ
 http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1812/09/news016.html

 Windows 10のデフォルトブラウザ「Microsoft Edge」が大きな転機を迎えました。
 MicrosoftがEdgeブラウザを、オープンソースの「Chromium」ベースに変えると発表したのです。Edgeがこれまで採用してきた独自のHTMLレンダリングエンジン「EdgeHTML」は、Chromiumが使っている「Blink」に切り替わります。新しいEdgeのプレビュー版は2019年初頭にも配信される見込みです。
・・・
 実はそもそもEdgeのシェアはものすごく小さいのですが、かといってMicrosoftのデフォルトブラウザを無視するわけにもいきません。以下は、StatCounterの調査によるデスクトップとモバイルを合わせた11月のWebブラウザの利用シェアです。

StatCounterによるWebブラウザ利用シェア(2018年11月)

 それによると、Chromeの約60%に対して、Edgeは2%未満です。2000年代前半に訪れた「Internet Explorer」の最盛期には及びませんが、Chromeが圧倒的です。
・・・

コードネーム「Spartan」と呼ばれていたこのEdge。初版が2015年に出てから、わずか3年で、自前のレタリングエンジンが終了ということになります。

MSがChromeのエンジン「Blink」を採用する時代が来るなど、想定もしていませんでした。
ただ、これがオープンソース陣営にとって、吉と出るかは不明な気がします。

  
 
 
 

〔関連ページ〕
 ・「IEに脆弱性」で年配社員パニック】の記事ネタを万人向けに翻訳してみる  

 
 
 
 

【ブラウザ関連・外部サイト】
 ・危険すぎる!UCブラウザはあなたの現在地を世界に送信している!  

 
 
 
 
 
 
 

« 黄金比と正二十面体 | トップページ | LinuxPC & Android端末でティザリング(3)〜 Bluetooth接続編 »

IE」カテゴリの記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ