« virt-manager のエラーあれこれ | トップページ | CUPS 〜 プリンタネットワーク環境変更メモ »

2017年9月16日 (土)

QEMU/KVM ホスト・ゲスト間の文字コピペ設定

【実行環境】

仮想環境: QEMU/KVM 2.8:virt-manager 1.4
ホストOS: Debian GNU/Linux 9
ゲストOS: Debian GNU/Linux 7
libvirt 3.0

 

ホスト・ゲスト間(deb9 <=> deb7)での文字のコピペができるようにするための設定メモ。 

spice機能を利用する。
 
003_
 
ホストがdebian9の場合、これに関する設定をホスト側ではしなくとも良いようで、ゲスト側で設定をするだけ。
 
ゲスト側に、「SPICE エージェント」をインストールする。 

# apt-get install spice-vdagent

 

004_  

 

あとは、ゲスト側を再起動。無事にホスト・ゲスト間でコピペができるように。

002__  

 
 

【〜おまけ〜】 

ちなみにこの「SPICE エージェント」を導入すると、virt-managerでのフルスクリーン時、「ctrl + Alt」を打たずとも画面上部中央にカーソルを持っていくだけで、下図のように「フルスクリーンの解除」のためのボタンが出てきます。

012__

また、マウスの挙動がカクカクする場合、このパッケージを導入することで改善しているような気がします。
参考にどうぞ〜。

 
 
 
 
 

【関連ページ】 
 ・virt-manager with QEMU/KVM ゲストOSからUSBメモリへアクセス
 ・wheezy on QEMU/KVM ディスプレイ解像度の変更作業記録
 ・ゲストOS - Windows10 〜 QXLドライバー や SPICE agent とか 

 
 
 
 

【外部サイト】
 ・SPICEプロトコルの内側を知る (1/2)

 
 
 
 
 
 

« virt-manager のエラーあれこれ | トップページ | CUPS 〜 プリンタネットワーク環境変更メモ »

QEMU/KVM」カテゴリの記事

virt-manager」カテゴリの記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ