« 過去記事を見ていて・・・ | トップページ | アクセスポイント側で「ANY接続拒否」設定をしている場合 »

2014年4月28日 (月)

無線LANアダプタ【WLI-UC-GNM2】の Linux ドライバ・ファームウェアの導入のメモ

Linuxはそんなに難しいのか(6)無線LANの設定』の補足編です。
 
WLI-UC-GNM2 はKubuntuでは何もしなくても接続すればすぐに使える状態だったんですが、Debian wheezy ではデフォルトでは使えませんでした。

01_start_
(Debian GNU/Linux 7 wheezy KDE)
 
一応はデバイス自体は認識しているようで、ドライバーの項目も「rt2800usb」と出ていたので「ドライバはインストールされている?」と思ったのですが、残念ながらSSID等の設定をしてもアクセスポイントに繋がらず。

繋がらない原因がよくわからず、いろいろと調べていたらファームウェア「firmware-ralink」を導入すると使用可能になるらしいことがわかり、やってみたら大当たり。原因はこれでした。

ということで、以下その導入メモ。

non-freeリポジトリから利用するので、当然のことながら「/etc/apt/sources.list」を編集する必要があります。もちろん、ルート権限で。

# vi /etc/apt/sources.list

 viがダメな方はnanoエディタで何とかしましょう。

# nano /etc/apt/sources.list

などとして、ファイルを編集します。

deb http://ftp.******/debian/ wheezy main contrib non-free
deb-src http://ftp.******/debian/ wheezy main contrib non-free

deb http://security.******/ wheezy/updates main contrib non-free
deb-src http://security.******/ wheezy/updates main contrib non-free

deb http://ftp.******/debian/ wheezy-updates main contrib non-free
deb-src http://ftp.******/debian/ wheezy-updates main contrib non-free

「sources.list」のファイルはデフォルトでは上の赤文字の部分が書いてありませんので、上の例のように赤文字の部分を追記し、ファイルを上書き保存。
(contrib とか non-free とかって何やねんという方は、ページ下に載せたサイトを参考にすると良いかと。)

後はapt-getで終了ですね。
無線LANは繋がっていない状態なので、当然のことながら有線LANが繋がった状態でやります。

# apt-get update
# apt-get install firmware-ralink

とすれば、ファームウェア導入終了です。

002_wlan_r
(Debian GNU/Linux 7 wheezy KDE)
 
ファームウェア導入が上手く行っていれば、上図のようにアクセス可能なアクセスポイント一覧が表示されます。

ここから先はWindows共通の「SSID」や「暗号化キー」の設定になります。
 
 
〔親記事〕
 ・Linuxはそんなに難しいのか(6)無線LANの設定
 
〔関連ページ〕
 ・アクセスポイント側で「ANY接続拒否」設定をしている場合
 ・WindowsユーザのためのLinuxの基本:システムファイルの編集
 ・apt-get チュートリアル(apt-get の簡単な使い方)
 ・CUIテキストエディタ:vi(vi チュートリアル について)


 
〔外部サイト〕
 ・Linux Wireless LAN動作検証メモ
 ・Debianについて:パッケージ
  (contrib non-free の説明)
 ・Debian ポリシーマニュアル Chapter 2 - Debian アーカイブ
  (contrib non-free の説明)
 ・パッケージダウンロードに利用するミラーサイトについて
  (sources.list での contrib non-free の簡易的な説明を含む)
 ・APT HOWTO:2.1 /etc/apt/sources.list ファイル
  (sources.list の 説明)
 ・Debian 7 Wheezy で無線子機 WLI-UC-GNM2 を利用する
 ・Debianで無線LANに接続する
 ・Debian wheezyでBuffaloのWLI-UC-GNMを使う
 ・Wireless Setup (日本語)



 


 

 

« 過去記事を見ていて・・・ | トップページ | アクセスポイント側で「ANY接続拒否」設定をしている場合 »

Linux」カテゴリの記事

無線LAN」カテゴリの記事

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ