« gnuplot グラフ-座標平面づくり | トップページ | gnuplot - 比例・反比例・放物線のグラフの作成 »

2013年12月27日 (金)

gnuplot で比例・反比例のグラフを作ろう gnuplotの起動〜直線(一次関数)を表示させてみる

比例・反比例・放物線のグラフの作成』の続きです。

説明はDebian(KDE)上で行なっていますが、Windowsでも基本は変わりません。
gnuplot はインストール済みだと仮定して説明を進めて行きます。
    (関連記事:gnuplot5 インストールメモ

〔gnuplotの起動〕

〜 Debian KDE4 の場合 〜
 左下隅のKDEメニューをクリックすると下図のように、KDEメニューが現れます。

 00_kidou_01_3

そうしたら、上図の赤丸のところに『konsole』と打ち込み「Enter」を押してください。すると、ターミナルが起動します。

00_kidou_03_2
 

〜 Windows の場合 〜
Windowsの場合、Cygwin版か、MinGW版かで起動時の状況が多少変わります。
Cygwin版の場合は、スタートメニューから起動すると、上図のようなターミナルが起動するかと思います。

 

上の図のようにターミナルが起動したら、下図のように「gnuplot」と入力し、「Enter」を押してください。

00_kidou_04_2

すると、下図のような状態になると思います。

WindowsでのCygwinの場合は、「gnuplot.exe」と入力してください。Windowsではフォント設定が必要なケースがあるようですので、文字表示がおかしい場合は、「gnuplot 設定」で調べてみてください。ちなみに、MinGW版は下図の状況からスタートします。

00_kidou_05r_2  

一見すると、何も変わっていないように見えますが、赤丸のところに『gnuplot >』と表示されています。これは、『gnuplot』が起動している状態を意味します。この状態でgnuplotのコマンドを入力すると様々なグラフが作成できます。試しに『y=x』の直線を作成してみましょう。『plot x』と入力してみてください。
『y=』の部分はいりません。

00_kidou_06r

00_kidou_07

おぉ。一応、『y=x』の直線ができてますね。軸とかが変ですけど。
  『y=2x』なら、『plot x*2』
  『y=7/3x』なら、『plot x*7/3』で可能です。

試しに放物線も行ってみましょう。
『y=x^2』を表示させてみます。
  『plot x**2』または『plot x*x』と入力してみてください。

00_kidou_08

・・・一応、放物線になってますね。一応・・・。



でも、この記事を読んでいる方はこんなグラフをイメージしていると思います。

00_sumple_02



ということで、上の図のようなグラフの下地づくり、座標平面の作成を始めましょう。



次のページへ
  gnuplot グラフ-座標平面づくり


〔目次〕
 (1)比例・反比例・放物線のグラフの作成
 (2)gnuplot で比例・反比例のグラフを作ろう gnuplotの起動〜直線(一次関数)を表示させてみる
 (3)gnuplot グラフ-座標平面づくり
 (補)gnuplot インストールメモ





 

« gnuplot グラフ-座標平面づくり | トップページ | gnuplot - 比例・反比例・放物線のグラフの作成 »

gnuplot」カテゴリの記事

比例・反比例のグラフ作成」カテゴリの記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ